医学部を目指す学生さんは予備校に通うことにメリットがあります

カリキュラムを充実させている学校の場合はメリットしか感じないのでは

できるだけ偏差値の高い高校へと入学することが最初に必要な難関 / 学校選びは必ず卒業生の進路先と合格率等のデータをチェック / カリキュラムを充実させている学校の場合はメリットしか感じないのでは

どこでも良いということではなく、実績が豊富な学校はそれだけ優れたカリキュラムを徹底していることや、受験対策として模擬試験を何度も行っていることも目立つので、かなりのメリットを感じられるのではないでしょうか。
模擬試験では最低ランクとして偏差値65以上は満たしていることが必要とされており、かなりの難関ということは証明されています。
国立大学の場合はセンター試験を受験すること、私立大学では一般入試の方法で問題は無いとしているので、どちらを受けるのかで学ぶ内容や対策方法も変わってしまいます。
一つの事例として私立大学を受験する際には、センター試験で必要な科目があっても一般入試では不要な内容もいくつかあるので、早い段階から学校選びをしておくことで無駄な学習を無くすことができます。
私立大学の場合は難題が出されることが非常に多く、国立大学よりも倍率が高いこともあり、僅差で勝負が付いてしまう可能性があります。
そのため、選ぶ予備校はやはり受験先の大学に合わせたカリキュラムを徹底していること、目指す大学のこれまでの統計や試験内容を確認できることも欠かせない選び方です。
講師陣も優秀な方が多く、特にインターネットを利用して調査を行った際に、利用された先輩たちからのレビューが優れている学校を見つけると成功への扉が開く可能性が高まります。
いくら偏差値の高い高校であっても、全ての学生さんが医学部を目指していることにはなりません。
均一的な学習内容に制限されてしまうので、それ以上を目指す際には予備校は欠かせない存在です。
実際にインターネット上では数々の喜びの声を目にすることができるように、カリキュラムを充実させている学校の場合はメリットしか感じないのではないでしょうか。