医学部を目指す学生さんは予備校に通うことにメリットがあります

できるだけ偏差値の高い高校へと入学することが最初に必要な難関

医学部を目指している学生さんは多く、各科目の医者を目指していることになります。
親が医者という環境で育った学生さんのケースでは、親と同じ道を歩むというパターンも多く、それ以外の方でも崇高な考えにより、医者という仕事を目指す方も存在します。
海外でも同様で、国内でも将来に医者として活躍するには、いくつも難関を突破できる能力が欠かせません。
まずは、学力重視という観念は古くから変わっておらず、高い学力の持ち主が受験を突破することは基本的なことです。
医者という職業を目指す方の場合、親が医者の場合は早い段階から意識をするものです。
それ以外の方でも中学生程度から希望することも多く、実際に高校受験から難関を突破することが必要とされています。
偏差値の高い高校に入学することにより、学校での授業もハイレベルな学問を学ぶことができ、逆に言えば偏差値の低い高校の場合は、授業内容自体のレベルが低いことが前提にあるので、それ以上の能力を引き出すことが難しい環境になります。
そのため、できるだけ偏差値の高い高校へと入学することが最初に必要な難関です。
高校受験に成功した方は、医学部を目指す際には1年生の時から意識的な学習を行うことが求められます。

能力が高ければ別に私立中高とか塾予備校とか大して金かけなくても、医学部以外の国立大くらいには入れるだろとか思っちゃうから何も感じなくなっちゃうわなw

— 🗝🗝🗝 (@tkmpkm1_mkkr) 2019年11月24日

できるだけ偏差値の高い高校へと入学することが最初に必要な難関 / 学校選びは必ず卒業生の進路先と合格率等のデータをチェック / カリキュラムを充実させている学校の場合はメリットしか感じないのでは